うつの特徴や治療について

診察

予防法と病院での治療

うつ病を発症してしまう人は、年々増えてきていると言われています。うつ病は、様々なストレスや環境の変化、もともとの性格などが影響して発症するもので、誰でもなってしまう可能性があります。一度発症してしまうと、自力で完治させるのは難しく、また長期的な治療が必要となりますので、出来るだけ早い段階で専門病院を受診することが必要になります。そのため、主に現れるうつの症状を知っておくと良いでしょう。まず、うつ病の症状は精神的なものと、身体的なものに分けることが出来ます。精神的なものだと、やる気が出ない、意欲や性欲の低下、何をしても楽しくない、慢性的な倦怠感、絶望感を感じる、などが挙げられます。今まで楽しんでいた趣味が楽しめなくなった、恋人や親しい友達と過ごしていても楽しいと思えなくなった、などは初期に現れるサインですので、おかしいと感じたらうつを疑ってみましょう。また身体的なものとしては、食欲の低下、または増進、眠れない、眠りが浅い、または常に眠いなどの睡眠障害、頭痛、吐き気、腹痛、めまいなどの風邪に似た症状などがよくあるものとして挙げられます。風邪との違いは、このような身体的不調が慢性的に感じられ、一向に回復しないということです。このような不調と、精神的症状が同時に現れている場合はすぐに病院へ行くことがおすすめです。病院では、精密検査やカウンセリングのもと、本当にうつかどうかをしっかり判断してくれます。迷ったときには、とりあえず病院へ行き自分の不調の原因を探りましょう。専門病院へ行くと、自分に合った抗うつ剤と呼ばれる薬を処方してくれ、カウンセリングと投薬による治療が開始されます。抗うつ剤は、症状の種類に合わせて適切なものがあり、服用を続けることで少しずつ症状が緩和され、完治のサポートしてくれます。しかし、重要なことはしっかりとうつを予防する、ということです。うつ病になりやすい人の特徴は、真面目で責任感が強い人、完璧主義の人、悩みやストレスを周りに吐き出せない人、などです。このような性格の人はストレスをうまく発散することが出来ないので、うつになりやすい傾向にあります。心当たりがある人は、常に予防を心がけることが必要です。うつ病を予防するために必要なことは、バランスの良い食事を三食摂ること、睡眠時間をしっかり確保すること、適度な運動をすること、そして自分なりのストレス発散方法を見つけることです。生活習慣がしっかりしていると心も安定しやすく、うつ病の予防に十分効果的であることが分かっています。また、自分なりのストレス発散方法を確立すれば、心のコントロールの練習になり、うつ病を予防することが出来ると言われています。ストレス発散方法が分からない、相談出来る相手も周りにいないという場合は、電話相談などの行政サービスを利用するのも良いでしょう。匿名でストレスや悩みを第三者に聞いてもらうことが出来ます。自分の心と体の健康を保つために、うつ病の予防はしっかり行い、万が一発症してしまった場合にも早めに病院へ行き治療を開始することが大切です。