うつを完治するために|病気に気付くためにうつ病の症状を確認|適切な病院で適切な治療を

うつを完治するために

医者

病院選びから治療まで

ストレスフルな現代では、うつ病を患ってしまう人が増えていると言われています。うつ病になってしまった場合は、自力で完治することは難しいため、必ず医療機関に行き適切な診察、薬の処方を受けることが必要になります。自分で症状に気付き、うつ病かもしれないと感じたら、まずは、受診する医療機関を探してみましょう。医療機関は、総合病院の精神科や、心療内科が管轄となります。そして医療機関を探す際には、インターネットを利用すると良いでしょう。会社に行きながら通院したいと考える場合は、休日や夜間も診察を受け付けている医療機関を選ぶのがオススメです。緊急事態が起きたときもすぐに病院へ行けますし、安心感もあるからです。また、通院していることを周囲にばれたくない場合は、自宅や会社から少し遠い病院を探すなどの工夫も必要になります。自分のスタイルに合った病院選びを行いましょう。ストレスなく通院することも、重要な治療の一部です。そしてその中で、さらに自分に合う、優良な病院を見つける必要があります。そのためには、ホームページを見てみると良いでしょう。ホームページでは、扱っている症状や病気、入院施設や病院の雰囲気、医師の経歴などをチェックすることが出来ます。一度行ってみた病院が合わない、と感じたら、セカンドオピニオンとして他の病院を受診することが出来ますので、心に余裕を持って初心に臨むと良いでしょう。病院の初診では、現れている症状や、会社や家庭の現在の状況、血液検査や脳の検査などを通じてうつ病であるかどうかを診断されます。うつ病の症状として一般的なのが、倦怠感や憂鬱感、疲労感、絶望感を慢性的に感じる、というものです。そしてそのうちに自分を追い込むようになり、睡眠障害や摂食障害などの身体的な症状も出てくるようになります。このような症状を緩和させる方法として、抗うつ剤という薬が処方されることがあります。抗うつ剤は服用を続けることで、意欲ややる気を復活させ、絶望感や倦怠感を回復させるという効果を持っています。様々な種類が展開されており、医師の処方のもと、適切と判断されたものを処方されます。自分で手に入れることは出来ないので、必ず医療機関へ行って処方してもらいましょう。症状の緩和と共に、少しずつ心をコントロールするサポートの役割も担っているので、処方された量、期間を守って、服用の習慣を付けるようにしましょう。また、家族や身近な人の理解とサポートも、治療を行うにあたってとても重要なポイントになってきます。例えば、うつ病になってしまった際には、正常な思考、判断が出来なくなってしまいます。被害妄想が激しくなり、周囲の人全員が自分を嫌っている、家族が自分を排除しようとしている、と考え攻撃的になってしまうこともよくあります。それはその人の性格が原因ではなく、病気が原因であるため、そのような周囲の理解が重要となってくるのです。患者を否定、攻撃せずに、攻撃的になっても、それを受け入れ、根気強く味方であるということを主張するようにしましょう。そうすることで、少しずつ心が落ち着くようになってきます。治療には長期間必要なため、根気強さと周囲のサポートが必要ということを覚えておきましょう。